ドクター

ハムラ法の種類をチェック

ナース

2つの種類があるハムラ法

目元がたるんでしまうと実際の年齢よりも、かなり老けて見られてしまうので、若々しさをキープしたいなら、目元のたるみを解消する必要があります。美容液やアイクリームなどでスキンケアする、マッサージを行うなどの対策法もありますが脂肪がたるみの原因だった場合、これらのケアは無意味です。眼窩脂肪という眼球の周りについている脂肪が加齢などによって、下がってしまい目の下がたるんでしまう症状は脂肪を除去しない限り、たるみを解消する事は出来ません。眼窩脂肪が原因で起こった目元のたるみは、ハムラ法・裏ハムラ法と言われる美容整形であれば、解消する事が出来ます。ハムラ法と裏ハムラ法、同じ「ハムラ」という文字が使われている事もあり、同じような施術というイメージを持つ方も多いようです。名前は似ていますがハムラ法と裏ハムラ法は、施術の内容に違いがあるので施術を受けたい場合は、その違いをチェックしておきましょう。ハムラ法は下まつ毛の下部分の皮膚を切開し、そこから下がった眼窩脂肪をくぼんでいる部分に移動さる施術を行います。くぼんでいる部分を眼窩脂肪で埋める事でフラットにし、目元のたるみを目立たなくするのがハムラ法の特徴です。眼窩脂肪が下がってしまっているだけでなく、皮膚のたるみも悪化している場合は余分な皮膚を切除して縫合します。裏ハムラ法もハムラ法同様、眼窩脂肪をくぼみ部分へと移動させ目元の若返りを目指す美容医療ですが、ハムラ法とは切開する部位に違いがあります。裏ハムラ法の場合、目の下の裏側部分にある結膜を切開し、そこから眼窩脂肪を移動する施術を行うのが特徴です。皮膚表面を切開するのに抵抗があるという方は、結膜部分から施術を行う裏ハムラ法の方が向いているでしょう。眼窩脂肪だけでなく皮膚のたるみも強いという場合はハムラ法が、皮膚のたるみは少ないという場合は裏ハムラ法をおすすめします。ハムラ法・裏ハムラ法も1度、施術を行ったら目元のたるみを解消する効果は、半永久的に続くと言われています。目元のたるみに悩んでいる方は、ハムラ法や裏ハムラ法といった美容整形にチャレンジしてみてはいかがでしょう。